衛生管理者

職場の安全と健康管理を推進する専門家である
衛生管理者。

オススメ度として、

●安全で健康な職場作りとしのエキスパートとしての必要性

●昇進や昇給などに有利な資格

●中高年の有資格者が数多く活躍している現状。

定年後の再就職へのアピールになる。

今、企業では、労災保険や職業病になど
さまざまなデメリットな問題が発生しています。

そうした中、労働災害を未然に防止する必要に迫られています。
そして、安全と健康の専門家として注目を浴びている資格として、この衛生管理者が脚光を浴びています。

社員の人に、衛生面での数多くのアドバイスをしたり、
作業環境や施設での環境をチェックするなど
職場のリーダー的な存在として、仕事のニーズがあります。

転職や再就職にも有利な資格の一つと言えるでしょう。

※労働安全衛生法により、常時50人以上の仕事場では、衛生管理者を置くことが義務付けられていますが、現実は不足しているのが実際です。
【衛生管理者の最新記事】
posted by 衛生管理者の合格率・難易度研究者 at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 衛生管理者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衛生管理者試験の日程と過去問

衛生管理者試験は、
各地域の安全衛生技術センターで行われています。

安全衛生技術試験協会のホームページに、
各地域の安全衛生技術センターの案内が載っているので、
ご自分でまずは確認してみてください。

どの安全衛生技術センターで受験しても問題は同じですから、
ご自分の近くのセンターで受験してみるのがよいと思います。

試験実施団体は、

●労働安全衛生法に基づく免許試験
●労働安全コンサルタント試験
●労働衛生コンサルタント試験

など実施している

財団法人 安全衛生技術試験協会です。

こちらのページで合格率や過去問なども見ることができるように
なっています。


※参考までに・・・

●衛生管理者の職務として

ア 健康に異常のある者の発見及び措置
イ 作業環境の衛生上の調査
ウ 作業条件、施設等の衛生上の改善
エ 労働衛生保護具、救急用具等の点検及び整備
オ 衛生教育、健康相談その他労働者の健康保持に必要な事項
カ 労働者の負傷及び疾病、それによる死亡、欠勤及び移動に関する統計の作成
キ 衛生日誌の記載等職務上の記録の整備

などがあります。
posted by 衛生管理者の合格率・難易度研究者 at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日程・過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衛生管理者通信講座

衛生管理者とは安全で、健康的な職場環境をつくる専門家として、
非常に多くの企業から必要とされています。

衛生管理者には、
第一種・第二種などと分けられており、50人以上の
事業所は、1人以上置くこととされています。

また、常時1000人を超える大きな事業場では、
衛生管理者のうち少なくとも1人は衛生管理者の業務に専任する者を置くこととされています。

企業の総務・人事部門などを中心に、大いに活躍が期待できる
転職や昇給にも大変有利な資格のひとつなのです。

社会保険労務士などの国家資格を取得して、
ダブルライセンスで衛生管理者資格があれば、
間違いなく業務の幅も広がりますよ。


●衛生管理者の職務

ア 健康に異常のある者の発見及び措置
イ 作業環境の衛生上の調査
ウ 作業条件、施設等の衛生上の改善
エ 労働衛生保護具、救急用具等の点検及び整備
オ 衛生教育、健康相談その他労働者の健康保持に必要な事項
カ 労働者の負傷及び疾病、それによる死亡、欠勤及び移動に関する統計の作成
キ 衛生日誌の記載等職務上の記録の整備

などです。


●定期巡視

少なくとも毎週1回作業場を巡視し、設備、作業方法または衛生状態に有害のおそれがあるときに、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければならないとされています。




posted by 衛生管理者の合格率・難易度研究者 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 衛生管理者 通信講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。