衛生管理者資格

事業者は、常時50人以上の場合、
衛生管理者を事業場ごとに選任しなければいけないとこになっています。


そして、その事業場ごとに専属のものを選任することになっています。
働く上で、常に管理ができることが前提になっているのです。


ただし、現実には選任されていない会社もあったり、
なかなか体制が整っていない企業もあります。


転職や再就職をするうえで、衛生管理者の資格を
持っていることは非常に有利になるのです。

それが、衛生管理者の人気の秘密なのです。

受験資格などは、細かく規定が決まっていますので
試験実施協会の公式ページで確認してみてください。


衛生管理者の試験科目もいろいろありますが、
しっかりと勉強すれば比較的取りやすい資格のひとつです。


種類としては、
第一種衛生管理者と第二種衛生管理者資格があります。

勉強環境が整っている人や自分のペースで勉強したい人には
通信教育がおすすめです。


この資格に興味のある人や将来の就職・転職の武器にしたい人は
勉強することをおすすめします。


タグ:衛生管理者
posted by 衛生管理者の合格率・難易度研究者 at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 衛生管理者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衛生管理者

職場の安全と健康管理を推進する専門家である
衛生管理者。

オススメ度として、

●安全で健康な職場作りとしのエキスパートとしての必要性

●昇進や昇給などに有利な資格

●中高年の有資格者が数多く活躍している現状。

定年後の再就職へのアピールになる。

今、企業では、労災保険や職業病になど
さまざまなデメリットな問題が発生しています。

そうした中、労働災害を未然に防止する必要に迫られています。
そして、安全と健康の専門家として注目を浴びている資格として、この衛生管理者が脚光を浴びています。

社員の人に、衛生面での数多くのアドバイスをしたり、
作業環境や施設での環境をチェックするなど
職場のリーダー的な存在として、仕事のニーズがあります。

転職や再就職にも有利な資格の一つと言えるでしょう。

※労働安全衛生法により、常時50人以上の仕事場では、衛生管理者を置くことが義務付けられていますが、現実は不足しているのが実際です。
posted by 衛生管理者の合格率・難易度研究者 at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 衛生管理者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。