衛生管理者の合格率や難易度

衛生管理者試験の資格は、
社内の昇進や昇格などに有利に働くことだけでなく、
転職や就職にも役立つ資格と言えるでしょう。


履歴書にしっかりと書ける
自分をアピールできる武器になるでしょう。


では、その衛生管理者試験の
合格率、難易度、合格者数は
どうなっているのでしょうか?

平成23年度
第1種衛生管理者試験の合格率が50.2%、
第2種衛生管理者試験の合格率が62.2%


国家試験の難易度としても
比較的取り組みやすい資格と言えるでしょう。

ただし、難易度が低いからと言って、
独学で何となくやれば合格できる資格ではありません。
計画を立てしっかりとテキストを読み込んで
問題を数多くこなす必要があります。

特に、第一種衛生管理者試験はしっかりと
試験対策をして臨まなければ難しいものです。


試験日程も各地区で各月1回〜3回実施しており、
調整もつけやすいと思います。


詳しい日程等は、安全衛生技術試験協会で確認してみてください。


LECなどでは、通信講座などをやっていますし、
受験に向けての通信講座や通学講座、問題集(参考書)などもいろいろでていますので、一度じっくり検討してみるのがよいでしょう。


3分間でズバリ!適職診断【無料】










posted by 衛生管理者の合格率・難易度研究者 at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 試験科目・合格率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衛生管理者試験科目

衛生管理者の試験科目としては、

●第一種衛生管理者

・労働衛生
・労働生理
・関係法令


●第二種衛生管理者

・労働衛生(有害業務に係るもの除く)(10問 100点)
・労働生理              (10問 100点)
・関係法令(有害業務に係るもの除く)(10問 100点)


試験時間は3時間 (科目免除者は2時間15分) 

マークシートによって行なわれる。


社員の人に、衛生面での数多くのアドバイスをしたり、
作業環境や施設での環境をチェックするなど
職場のリーダー的な存在として、仕事のニーズがあります。

転職や再就職にも有利な資格の一つと言えるでしょう。


※衛生管理者の免許を受けることができる者

●衛生管理者(第一種・第二種)
・衛生管理者免許試験(第一種・第二種)に合格した者
・保健師、薬剤師など

●衛生工学衛生管理者
・大学または高等専門学校において、工学または理学に関する課程を修めて卒業した者等で、一定の講習を修了した者などです。

posted by 衛生管理者の合格率・難易度研究者 at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 試験科目・合格率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。