衛生管理者の関連資格

労働安全衛生法に基づく免許資格

特級ボイラー、クレーン・デリック運転士、第一種衛生管理者、
一級ボイラー、移動式クレーン運転士、第二種衛生管理者、
二級ボイラー、揚貨装置運転士、高圧室内作業主任者、
特級ボイラー溶接士、発破技士、エックス線作業主任者、
普通ボイラー溶接士、ガス溶接作業主任者、ガンマ線透過写真撮影作業主任者、ボイラー整備士、林業架線作業主任者、潜水士

などがある。

上記のように衛生管理者試験は、第一種と第二種に分かれており、就職や転職または、社内での昇進などに有利と言われている。

常時50人以上の従業員がいる企業は、
衛生管理者を1人以上置くことになっているが、
実際には、有資格者がいない事業所もある。

また、201人以上500人未満の事業所では、
2人以上が必要とされている。

社会保険労務士とおわせてもっていたり
すると活躍できる場所が広がってくるので、そちらも
あわせてチャレンジするとよいかも知れません。

問題内容(過去問)は、
財団法人安全衛生技術試験協会で公表されています。

これから勉強を始めようか考えている人は、
まず実際の過去問をざっと見て

どんな問題が出題されているのか、
難易度的にどうか(合格できそうか)、
勉強することに対して興味がありそうな分野かなど
じっくり検討してみることが勉強の第一歩といえます。





posted by 衛生管理者の合格率・難易度研究者 at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働安全衛生法関連資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。