衛生管理者通信講座

衛生管理者とは安全で、健康的な職場環境をつくる専門家として、
非常に多くの企業から必要とされています。

衛生管理者には、
第一種・第二種などと分けられており、50人以上の
事業所は、1人以上置くこととされています。

また、常時1000人を超える大きな事業場では、
衛生管理者のうち少なくとも1人は衛生管理者の業務に専任する者を置くこととされています。

企業の総務・人事部門などを中心に、大いに活躍が期待できる
転職や昇給にも大変有利な資格のひとつなのです。

社会保険労務士などの国家資格を取得して、
ダブルライセンスで衛生管理者資格があれば、
間違いなく業務の幅も広がりますよ。


●衛生管理者の職務

ア 健康に異常のある者の発見及び措置
イ 作業環境の衛生上の調査
ウ 作業条件、施設等の衛生上の改善
エ 労働衛生保護具、救急用具等の点検及び整備
オ 衛生教育、健康相談その他労働者の健康保持に必要な事項
カ 労働者の負傷及び疾病、それによる死亡、欠勤及び移動に関する統計の作成
キ 衛生日誌の記載等職務上の記録の整備

などです。


●定期巡視

少なくとも毎週1回作業場を巡視し、設備、作業方法または衛生状態に有害のおそれがあるときに、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければならないとされています。




【衛生管理者 通信講座の最新記事】
posted by 衛生管理者の合格率・難易度研究者 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 衛生管理者 通信講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28276072

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。