衛生管理者試験の難易度


衛生管理者試験は、
国家試験の中では、難易度もそれほど高くなく、
取得するには手ごろな国家資格のひとつです。


平成21年度の場合、
第一種衛生管理者
受験人数 54,140人       
合格者数 31,299人      
合格率    57.8%

第二種衛生管理者
受験人数 26,821人      
合格者数 18,141人      
合格率    67.6%


一般的な勉強方法としては、
ユーキャンやLECなどの通信講座を利用して
勉強するする人が多いと言えるでしょう。

ただし、難易度が低いからといっても
専門用語や今まで知らない分野の勉強もしなければ
いけないので、独学で勉強するには難しいかもしれません。


仮に、独学で勉強するとなると基本となるテキスト選びが
重要になってきます。


解説が詳しく書かれているか
また、ただ詳しいだけでなく図解などを取り入れて
分かりやすく書かれているかなど
自分の目でしっかりと確かめてから決めることが大事になってきます。


衛生管理者の場合、
会社員の方が取得を目指す場合が多く、
社労士とのダブルライセンスとしての相性もいいので
そういった資格をすでにお持ちの方にも
おすすめな資格のひとつです。

タグ:衛生管理者
posted by 衛生管理者の合格率・難易度研究者 at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 難易度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120668245

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。