衛生管理者の合格率や難易度

衛生管理者試験の資格は、
社内の昇進や昇格などに有利に働くことだけでなく、
転職や就職にも役立つ資格と言えるでしょう。


履歴書にしっかりと書ける
自分をアピールできる武器になるでしょう。


では、その衛生管理者試験の
合格率、難易度、合格者数は
どうなっているのでしょうか?

平成23年度
第1種衛生管理者試験の合格率が50.2%、
第2種衛生管理者試験の合格率が62.2%


国家試験の難易度としても
比較的取り組みやすい資格と言えるでしょう。

ただし、難易度が低いからと言って、
独学で何となくやれば合格できる資格ではありません。
計画を立てしっかりとテキストを読み込んで
問題を数多くこなす必要があります。

特に、第一種衛生管理者試験はしっかりと
試験対策をして臨まなければ難しいものです。


試験日程も各地区で各月1回〜3回実施しており、
調整もつけやすいと思います。


詳しい日程等は、安全衛生技術試験協会で確認してみてください。


LECなどでは、通信講座などをやっていますし、
受験に向けての通信講座や通学講座、問題集(参考書)などもいろいろでていますので、一度じっくり検討してみるのがよいでしょう。


3分間でズバリ!適職診断【無料】










【試験科目・合格率の最新記事】
posted by 衛生管理者の合格率・難易度研究者 at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 試験科目・合格率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衛生管理者試験の難易度


衛生管理者試験は、
国家試験の中では、難易度もそれほど高くなく、
取得するには手ごろな国家資格のひとつです。


平成21年度の場合、
第一種衛生管理者
受験人数 54,140人       
合格者数 31,299人      
合格率    57.8%

第二種衛生管理者
受験人数 26,821人      
合格者数 18,141人      
合格率    67.6%


一般的な勉強方法としては、
ユーキャンやLECなどの通信講座を利用して
勉強するする人が多いと言えるでしょう。

ただし、難易度が低いからといっても
専門用語や今まで知らない分野の勉強もしなければ
いけないので、独学で勉強するには難しいかもしれません。


仮に、独学で勉強するとなると基本となるテキスト選びが
重要になってきます。


解説が詳しく書かれているか
また、ただ詳しいだけでなく図解などを取り入れて
分かりやすく書かれているかなど
自分の目でしっかりと確かめてから決めることが大事になってきます。


衛生管理者の場合、
会社員の方が取得を目指す場合が多く、
社労士とのダブルライセンスとしての相性もいいので
そういった資格をすでにお持ちの方にも
おすすめな資格のひとつです。

タグ:衛生管理者
posted by 衛生管理者の合格率・難易度研究者 at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 難易度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衛生管理者講座

衛生管理者通信講座について

通信講座を選ぶポイントとして、
テキストがイラストが多くてわかりやすいテキスト構成になっていることや
質問に対してもサポートがしっかりしているかどうかが重要です。

教材の内容としても、テキストと合格問題集、
重要ポイントまとめ、ガイドブック、添削関係書類など。


やはり、合格まで効率よく勉強できる教材がうれしいですね。


衛生管理者の資格は、安全で健康な職場作りとしのエキスパートとしてのニーズがあることや昇進や昇給などに有利であること。


また、中高年の有資格者が数多く活躍していることなどが人気の
秘密です。取得しておいて損はない資格のひとつといえるでしょう。


私のまわりにも通信講座で資格を取得した人がいますよ。
まずは、関連資料を集めてみることから始めましょう。



※企業では、労災保険や職業病になどさまざまな職場環境問題が発生しています。
そして、安全と健康の専門家として注目を浴びている資格が、この衛生管理者なのです

タグ:衛生管理者
posted by 衛生管理者の合格率・難易度研究者 at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 衛生管理者 通信講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。